〈特集〉おいしい読書




読者の皆さまからご好評の、「食」にかんする本をあつめてみました。
ご自宅で過ごされるひととき、おいしい! を感じる読書などはいかがでしょうか。



物語のティータイムーーお菓子と暮らしとイギリス児童文學 


北野佐久子 著

物語のお菓子レシピ付き!
スコーンやプディング、ラベンダーにカモマイル……。物語にさりげなく登場するお菓子やハーブを取りあげながら、イギリスの児童文學11作品にせまります。長年イギリスの食文化やハーブを研究してきた著者渾身の、ユニークな児童文學案內。名作がもっとおもしろく、味わい深くなります。[カラー80頁]

(1,800 円+稅)



事典 和菓子の世界 増補改訂版


中山圭子 著

読んでも見ても楽しい和菓子の事典。フルカラー!
和菓子の名稱、モチーフ、製法用語などを多數収録し、和菓子に親しむためのガイドブックとして好評を博した初版から12年。この間に深められてきた和菓子研究の成果を盛り込み、絵巻、錦絵などのビジュアル要素を増補!

(2,800 円+稅)

?「和菓子月ごよみ」(web巖波 たねをまく) https://tanemaki.iwanami.co.jp/categories/67
? 「古典の日」ウェブ連載(中山圭子先生の連載がはじまりました) http://www.kotennohi.jp/?page_id=75827



お肴春秋



辰巳芳子 著

料理研究家?辰巳芳子、95歳。今も包丁を手に取りつつ、食といのちのかかわりに思索を廻らす日々――四季ある國の口福を酒肴とともに綴ったゆかしい隨筆集。雑誌「図書」での好評連載 “お肴歳時記” に、書きおろしエッセイ7本を新たに加えてカラー寫真を追加。

2020年4月15日 刊行(1,800 円+稅)

?「図書」2018.10 辰巳さん連載の1回目
https://tanemaki.iwanami.co.jp/posts/1296#kiku



レオナルド?ダ?ヴィンチの食卓

渡辺憐子 著

レオナルドはどんな食事をとっていたのでしょうか。好みの料理は? ベジタリアンであったという説は正しい?
彼は日記を遺していないため、手がかりになるのは、膨大な「手稿」(ノートの類)や買い物メモ。萬能の天才を主人公に、彼が生きた時代の食と文化を探訪する楽しいエッセイ。現在でも復元できる料理のアレンジレシピ付き!

(2,400 円+稅)



和食はなぜ美味しい――日本列島の贈りもの


巽 好幸 著

おでん、ブリしゃぶ、松茸の土瓶蒸し……。出汁(だし)文化はなぜ生まれた?
ボタンエビに桜鯛、筍、鱧(はも)、鮪、鰻…。四季折々の味覚を楽しめるわけは? どんな日本酒、焼酎、ワインが合うのでしょう。背景には日本列島の地勢や自然の地球科學的な営みあり。くわしくは、マグマ學者が姪との12カ月のグルメ散歩でやさしく語ります。

(2,000 円+稅)



レシピで味わう世界の食文化
――みんぱく研究室でクッキング



石毛直道 著

著者は、フィールドワークで訪れた世界の國々で、現地の日常的な料理を欠かさず味わってきました。帰國後、國立民族學博物館(みんぱく)の研究室で腕をふるい、その味を再現、職員たちから「石毛クッキングスクール」と呼ばれ親しまれました。本書では、當時のレシピを、その背景にひそむ興味深い食文化と共に紹介します!

(1,900 円+稅)



京料理人、四百四十年の手間 「山ばな 平八茶屋」の仕事


園部平八 著

 京都屈指の老舗の當主が語る。料理とは「手間の文化」!
織田信長の安土築城と同じ年に創業された老舗?山ばな平八茶屋。夏目漱石や北大路魯山人など多くの文化人に愛された創業以來の名物?麥飯とろろ汁の味へのこだわりを二十代當主が語ります。厳しい修業を経て、代々受け継がれてきた「一子相伝」の精進の道!

(1,800 円+稅)



新つけもの考


前田安彥 著

食卓の名脇役、漬物!
食品低塩化の流れの中で、今や新技術による低塩の「新つけもの」がほとんどになりました。本書は、野沢菜、たくあんをはじめ多彩な漬物について、製法、由來、風土との関わり、おいしい食べ方などを紹介します。全國各地の特産品、良い商品を見分けるポイント、家庭で漬けるコツなど、実用情報も豊富に収録!

(820 円+稅)



蠶食鯨呑 世界はおいしい「さしすせそ」


楊 逸 著

日本、中國、そして世界各地の食を、歴史や文化といったスパイスを加えて軽妙なタッチで綴るエッセイ。「毎日新聞」日曜版の人気連載の単行本化。

(1,800 円+稅))



栃と餅――食の民俗構造を探る


野本寛一 著

食の民俗を注意深く眺めてみると、食とは何よりも生きるためにあり、そこから儀禮のための食が生まれ、楽しみのための食にいきつく――。長年にわたる厖大な食の民俗調査から先人たちの食に関する伝承知を描き、この列島の人々の食に関する嗜好の伝統を浮かび上がらせる一冊。

(3,000 円+稅)




 巖波文庫は、「食」にまつわる古典の寶庫! 古今東西の「食」の名著にふれてみませんか。


美味禮讃 〈上?下〉

ブリア‐サヴァラン 著/関根秀雄、戸部松実 訳

現代の美食學や食道楽に関する著作物は、すべてここから始まった! 食通文學の元祖。

(各780 円+稅)



隨園食単


袁 枚 著/青木正児 訳註

ブリア‐サヴァランと並び稱される、清代の食通、袁枚のレシピ集。
食通として知られる中國清代の大詩人?袁枚(隨園)は、三百余種の料理について、材料の吟味?つくり方?味わい方を記し、さらに酒?茶にまで説き及び、余すところなく書き盡くしました。食単とは料理メモのこと。この「垂涎の書」を、味わい深い碩學の訳註で!(解説 水谷真成)

(840 円+稅)


アラブ飲酒詩選

アブー?ヌワース 作/塙 治夫 編訳

酒の詩人として知られるアブー?ヌワースの飲酒詩集。
アブー?ヌワースは八世紀から九世紀にかけてアッバス朝イスラム帝國の最盛期に活躍。現世の最高の快楽としてこよなく酒を愛した詩人は酒のすべてを詩によみこみました。その詩は平明で機知と諧謔に富み、今もアラブ世界で広く愛誦されています。殘された千余の詩篇から飲酒詩を中心に62篇を選訳!

(520 円+稅)



食道楽 〈上?下〉


村井弦斎 著

明治期新聞小説の第一人者、村井弦斎(1863―1927)の代表作!
物語のヒロインお登和が料理し、蘊蓄を傾ける和洋中華六百數十種の料理を盛り込んだこの「奇書」は、明治36年1月から1年間『報知新聞』に連載され熱狂的な人気を博し、単行本として刊行されると空前の大ベストセラーとなりました。(解説=黒巖比佐子)。

(上巻1,160 円+稅、下巻1,100 円+稅)



酒道楽


村井弦斎 著

明治期新聞小説の第一人者、村井弦斎の絶大な人気を博した「百道楽」シリーズ第2弾。
2人の大酒飲みのエリート教師を主人公とし、抱腹絶倒の滑稽小説の形をとって禁酒を説いた、弦斎の面目躍如の作。(解説=黒巖比佐子)

(900 円+稅)




日本の酒
坂口謹一郎 著

古い文明は必ず美酒を持つ。醗酵學者?坂口博士(1897-1994)の決定版?日本酒読本!
日本の酒造り製法はどこが興味深くまた優れているか。醸造酒でありながら世界的にも珍しい蒸留酒並のアルコール度を誇る日本酒について、麹カビから育つ酒の文化史を古今の書に探り、「火入」「生〓(きもと)」等、技法を語ります。

(740 円+稅))



銀の匙



中 勘助 著

駄菓子についてのかわいらしい記述があります――
伯母さんの無限の愛情に包まれて過ごした日々の思い出。子ども自身の感情世界が素直に美しく描かれたこの名作は、夏目漱石が未曾有の秀作として絶賛しました。(解説=和辻哲郎)

(600 円+稅)
 



 
巖波ジュニア新書にも、「食」にかんする楽しい本がたくさん!
 寫真やイラストも豊富な、親しみやすいジュニア新書で「食」を楽しんでみませんか。


お菓子でたどるフランス史


池上俊一 著

歴史もしっかり學べる、華麗であま~いフランス史!
世界一の國になるには、素敵なお菓子が欠かせない! と考え、その甘い武器を磨いてきた國、フランス。ジャンヌ?ダルクやマリー?アントワネットが食べたのはどんなお菓子? 歴史を変えた伝説のパティシエとは? あの文豪もスイーツ男子だった? お菓子の由來も盛りだくさん!

(900 円+稅)



パスタでたどるイタリア史


池上俊一 著

イタリア國民食成立の過程でみるイタリア史!
長い歴史と豊かな地域色をもつイタリアで、人々の心を結ぶ國民食パスタ。古代ローマのパスタの原型、アラブ人が伝えた乾燥パスタ、大航海時代がもたらしたトマト。パスタの母體となった中世農民のごった煮スープに、イタリア統一を陰で支えた料理書、そしてパスタをつくるマンマたち……。國民食の成立過程からイタリアをみつめます。(カラー16頁)

(980 円+稅)



カラー版  インド?カレー紀行


辛島 昇 著/大村次郷 寫真

カレーといえばインド。ではカレーは、いつ、どうしてできたのでしょうか!?
インド史研究の第一人者が、カレーライスの起源を探りながら、各地の特色あふれる料理を味わい、歴史と文化を語ります。バラエティにとむ料理の美しい寫真に、きっと本場カレーが食べたくなります!

(980 円+稅)



高校生レストランまごの店 おいしい和食のキホン


村林新吾、相可高校調理クラブ 著

「高校生レストラン」の高校生たちが大活躍。カラーのレシピ集!
相可高校調理クラブ員が運営する「高校生レストラン?まごの店」の料理は驚くほどおいしい。その秘密は? だしのとり方、ごはんの炊き方、味噌汁のつくり方、野菜や魚?肉の下ごしらえからはじめ、だし巻き卵、肉じゃが、てんぷら、カレーライスなどのつくり方を、彼らの実踐と解説で! オリジナル料理?お弁當もご紹介。

(1,000 円+稅)



父の仕事を継ぐ 自分の味をつくる


陳 建一 著

中華の鉄人、陳 建一さんが語る「幸せ」に生きるための極意。おいしいレシピ付!
建一さんの父は中華の神様と呼ばれた陳建民氏。父と同じ味を出したい、偉大な父に少しでも近づきたいと悩む建一氏を救ったのは、「お父さんの真似ではなくて、自分の料理を作ればいいじゃない」という言葉でした……。父という大きな壁を乗り越え、一流の料理人として活躍する中華の鉄人が語る人生の極意。

(780 円+稅)




 
お部屋でお子さまと過ごすひとときなど、おいしいお菓子やごはんの出てくる絵本や読み物はいかがでしょうか。


おさるのジョージ チョコレートこうじょうへいく


M.レイ、H.A.レイ 原作 / 福本友美子 訳

チョコレート工場にやってきたジョージは、工場の人たちが何をしているのか知りたくてたまりません!
中に入って、大好きなバナナ?クリーム入りのチョコレートを見つけたとたんに、また一騒動!

(900 円+稅)



おさるのジョージ パンケーキをつくる



M.レイ、H.A.レイ 原作 / 渡辺茂男 訳

子ども病院の募金活動で、お祭りがありました。パンケーキづくりは、なんておもしろそうなんでしょう!
興味しんしんのジョージは、コックさんのるすに、ブルーベリー入りの特製パンケーキに挑戦。

(900 円+稅)



おさるのジョージ ピザをつくる



M.レイ、H.A.レイ 原作 / 福本友美子 訳

ともだちの家のパーティーによばれたジョージは、ピザづくりに大はりきり!
小さな生地のかたまりをぜんぶ集めて、テーブルがかくれるほど大きく、うすくのばします。さて、どんなピザができるかな?


(900 円+稅)



すいかのプール



アンニョン?タル 作/斎藤真理子 訳

大きなすいかがぱかっと割れたら、すいかのプールのプールびらき!
うきわを持ってでかけよう。葉っぱのジャンプ臺から飛びこんだり、ぶあつい皮をすべったり。子どもの楽しい空想をいきいきと描く韓國の絵本。


(1,700 円+稅)



ピーレットのやさいづくり



ウルリカ?ヴィドマーク 文/イングリッド?ニイマン 絵/高橋麻里子 訳

いちごに、にんじん、あまーいまめ!
ピーレットは、犬のピフと野菜づくりをはじめます。土をたがやしてたねをうえ、芽が出てきたら草をとり……。作物を育てて取り入れるまでの苦労とよろこびを、子どもの目から丁寧に描いた絵本。

(1,000 円+稅)




せかいいち おいしいスープ


マーシャ?ブラウン 文?絵/こみや ゆう 訳

はらぺこの兵隊たちが、食べものをわけてほしいとたのみましたが、村の人たちは首を橫にふるばかり。兵隊たちは、しかたがないので、石のスープを作るといい出しました。いったいどんな味がするのでしょう?
 *対象年齢 :3?4歳から

(1,600 円+稅)


 


カテゴリ別お知らせ

ページトップへ戻る
国产人妻熟妇在线视频