新刊

「勤労青年」の教養文化史

読書や勉學を通じて人格陶冶をめざすという価値観は、いつ、なぜ消失したのか。格差と教養の複雑な力學。

「勤労青年」の教養文化史
著者 福間 良明
通し番號 新赤版 1832
ジャンル 書籍 > 巖波新書 > 社會
刊行日 2020/04/17
ISBN 9784004318323
Cコード 0236
體裁 新書 ? 302頁
定価 本體900円+稅
在庫 在庫あり
かつて多くの若者たちが「知的なもの」への憧れを抱いた。大學はおろか高校にも進めなかった勤労青年たちが「読書や勉學を通じて真実を模索し、人格を磨かなければならない」と考えていた。そんな価値観が、なぜ広く共有されえたのか。いつ、なぜ消失したのか。地域差やメディアも視野に入れ、複雑な力學を解明する。
プロローグ ?格差と教養」の時代

第1章 敗戦と農村の教養共同體――青年団と読書の希求
 1 敗戦と青年団
 2 農村教養文化の困難
 3 農村社會の閉塞と人口流出

第2章 上京と「知的なもの」への憧憬――集団就職と定時制
 1 上京への憧れと幻滅
 2 ?進學の代替」としての大企業
 3 定時制が生み出す「冷卻?

第3章 人生雑誌の成立と変容――転覆戦略のメディア
 1 大衆教養メディアと転覆戦略
 2 教養雑誌の衰退と見えなくなる格差
 3 斷片化する教養

エピローグ 格差と教養の乖離

あとがき
參考文獻
図表出典一覧
福間良明(ふくま よしあき)
1969年、熊本市生まれ。京都大學大學院人間?環境學研究科博士課程修了。博士(人間?環境學)。出版社勤務、香川大學準教授を経て、
現在―立命館大學産業社會學部教授
専攻―歴史社會學?メディア史
著書―『「反戦」のメディア史――戦後日本における世論と輿論の拮抗』(世界思想社、2006年、內川芳美記念マス?コミュニケーション學會賞受賞)、『「戦爭體験」の戦後史――世代?教養?イデオロギー』(中公新書、2009年)『「戦跡」の戦後史――せめぎあう遺構とモニュメント』(巖波現代全書、2015年)『「働く青年」と教養の戦後史――「人生雑誌」と読者のゆくえ』(筑摩選書、2017 年、サントリー學蕓賞受賞) ほか
ページトップへ戻る
国产人妻熟妇在线视频