新刊
ベルリン三部作

ベルリン1933 壁を背にして(下)

不穏な時代の空気のなか、ヒトラーが政権を奪取するまでの數か月間の狂騒を、十五歳の視點で描く。

ベルリン1933 壁を背にして(下)
著者 クラウス?コルドン , 酒寄 進一
通し番號 624
ジャンル 書籍 > 児童書 > 巖波少年文庫
対象年齢 > 中學生から
シリーズ 巖波少年文庫 > ベルリン三部作
刊行日 2020/04/16
ISBN 9784001146240
Cコード 8397
體裁 その他?規格外 ? 並製 ? 310頁
定価 本體1,200円+稅
在庫 在庫あり
一九三二年、夏。世界恐慌のあおりでベルリンの街にも失業者があふれるなか、「よりよき未來」を約束するナチは急速に勢力を拡大していた。ヘレの弟ハンスは、悩みながらも社會に足を踏み入れていくが、やがて否応なく不穏な時代の流れに巻き込まれ……。ヒトラー政権奪取までのわずか數か月を、十五歳の視點で描く第二作。
第三章 夜のたいまつ行列
第四章 炎 上

原注
あとがき
訳者あとがき
『ベルリン1933』にまつわるドイツ年表


 【上巻目次】
 第一章 石と鉄の街
 第二章 ここはだれの通りだ?
【訳者】
酒寄進一(さかより しんいち)
1958年生まれ。翻訳家。和光大學教授。上智大學を卒業後、ケルン大學、ミュンスター大學に學ぶ。ドイツの児童文學やファンタジー、ミステリなど幅広い作品の紹介を手がける。訳書にヴェデキント『春のめざめ』(巖波書店)クルト?ヘルト『赤毛のゾラ』(福音館書店)シーラッハ『犯罪』『コリーニ事件』(ともに東京創元社)などがある。
ページトップへ戻る
国产人妻熟妇在线视频