新編 つぶやきの政治思想

秘められた悲しみにまなざしを向け、聲にならないつぶやきに耳を澄ます。記憶と忘卻、証言と沈黙をめぐるエッセイ。

新編 つぶやきの政治思想
著者 李靜和
通し番號 學術419
ジャンル 書籍 > 巖波現代文庫 > 學術
刊行日 2020/04/16
ISBN 9784006004194
Cコード 0110
體裁 A6 ? 並製 ? 190頁
定価 本體960円+稅
在庫 在庫あり
秘められた悲しみにまなざしを向け、聲にならないつぶやきに耳を澄ます。記憶と忘卻、証言と沈黙、加害と被害、からだと言葉、そして、ともに生きていくことをめぐって、強くしなやかに織りなされたエッセイ。鵜飼哲?金石範?崎山多美の三氏による応答の文章に加え、待望の書下ろし「徘徊の棲家?ハニビルレ」等を収録。
(ひとつ)
つぶやきの政治思想
 求められるまなざし?かなしみへの、そして秘められたものへの

(ふたつ)
遠い島の友へ…… 尹東柱「たやすく書かれた詩」
友人はみな“軍人”だった
それはフケのせいなのよ
影の言葉を求めて…… いまだ幽冥の場所から
あなたへ 島

(ひとつ)
ある「まなざし」の経験 鵜飼哲による応答
忘卻は蘇えるか 金石範による応答
〈べー〉を反芻する 崎山多美による応答

(ふたつ)
徘徊の棲家?ハニビ?レ 応答にかえて

初出一覧
李 靜和(Lee Chong-Hwa)
韓國済州島生まれ。1988年來日。成蹊大學法學部教授。著書に『求めの政治學――言葉?這い舞う島』(巖波書店)、『殘傷の音――「アジア?政治?アート」の未來へ』(編者、巖波書店)他。
ページトップへ戻る
国产人妻熟妇在线视频