新刊

次郎物語 (一)

(全5巻)

おとなの愛に飢え、つらい運命にたえながら成長する次郎の姿を深く見つめて描く不朽の名作。

次郎物語 (一)
著者 下村 湖人
通し番號 緑225-1
ジャンル 書籍 > 巖波文庫 > 緑(現代日本文學)
刊行日 2020/04/16
ISBN 9784003122518
Cコード 0193
體裁 文庫 ? 362頁
定価 本體850円+稅
在庫 在庫あり
次郎は生後まもなく里子にだされ、五?六歳になって実家に帰ってくるが、自分に対する家庭の空気が非常に冷たく感じられ、乳母が戀しくてたまらない。大人の愛に飢える次郎は、周囲に対して反感をいだいて、わざと噓をついたり、亂暴をするようになる。つらい運命に耐えながら成長する次郎の姿を深く見つめて描く不朽の名作。
第一部

一 お猿さん
二 お玉杓子
三 耳たぶ
四 提 燈
五 寢小便
六 飯びつ
七 玉子焼き
八 水 泳
九 雑 囊
一〇 お使い
一一 蠟小屋
一二 押し入い
一三 窮 鼠
一四 ち び
一五 地 鶏
一六 土 橋
一七 そろばん
一八 菓子折り
一九 校舎移転
二〇 舊校舎
二一 土臺石
二二 カステラ
二三 蝗(いなご)の首
二四 亂 闘
二五 姉ちゃん
二六 沒 落
二七 長持ち
二八 売り立て
二九 北極星
三〇 十五夜
三一 新生活
三二 土蔵の窓
三三 看 病
三四 牛 肉
三五 薬 局
三六 火 傷
三七 母の顔
三八 再 會
三九 母の臨終

?次郎物語 第一部」あとがき
ページトップへ戻る
国产人妻熟妇在线视频